岩手県一関市の歯医者|赤荻歯科医院(あこおぎ歯科医院)

義歯

義歯(入れ歯)治療とは

義歯(入れ歯)治療とは
義歯(入れ歯)治療をする際、できるだけ早く作ってほしいと考える方が多いと思います。
しかし、口腔内の状態は一人一人違うため、治療前にはレントゲン撮影や型どりなどを行い綿密に検査する必要があります。簡単な検査で済ませてあっという間に出来てしまった入れ歯というのは、使用後に合わなかったというケースも少なくありません。診察を丁寧に重ねて行ってくれる歯科医院での治療をおすすめします。

入れ歯は大きく分けて2つの種類に分かれます。歯が1本も残っていない場合に使用する総入れ歯と、1本でも残っている場合に使用する部分入れ歯です。
どちらもプラスチック製のものは保険適用で作る事ができます。

総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯 (総義歯)

総入れ歯 (総義歯)
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことができ、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

部分入れ歯 (部分義歯)

部分入れ歯 (部分義歯)
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健康な歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

入れ歯の種類

レジン床義歯 – 保険適応 -

レジン床義歯 – 保険適応 -
レジン床義歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできた一般的な入れ歯のことをいいます。
保険適応のため、できることなら費用は安く抑えたいと考えている方におすすめです。
入れ歯にも様々な種類があり、自由診療のものはより快適な使い心地が期待できますが、保険適応でも噛むという観点からは問題のない仕上がりとなります。

金属床義歯

金属床義歯
金属床義歯とは、主要部分が金属で作られた入れ歯を指します。
メリットとしては、プラスチックの物よりも強度が高いため薄く作る事ができ、装着時の違和感が少なく、舌の動きを邪魔しないので話しにくくなる事もありません。また、食事の際温かい物を食べると温度を感じ美味しく食べられるという特徴があります。
デメリットとしては、保険適応のものに比べてかかる費用が高額になるという事と、使用する金属によっては金属アレルギーを引き起こす場合があるという点が挙げられます。

クラスプ義歯

クラスプ義歯
バネがある部分入れ歯のことをクラスプ義歯といいます。バネ以外の部分はプラスチックでできており、失った歯や残った歯の形に合わせて、患者様ごとにオーダーメイドで作製することができます。

バネがあることで固定され、入れ歯が沈み込みしにくく噛んだときに安定感があります。バネは使っているうちにゆるんでしまうので、定期的に健診を受けて締めてもらうことで、外れにくくなります。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯
通常の部分入れ歯は金属製のバネ状の止め具で保持していますが、健康な歯を削る必要がありました。また金属アレルギーのある方には使用できず、口を開いたときに金属の部分が見えるなどの難点がありました。

その点、ノンクラスプ義歯はプラスチック製の義歯床(人工歯の土台で見た目は歯茎)を使用しているため、健康な歯を削ることもなく、安心して使用することができます。
審美的にも大変優れており、口元に自信が持てるようになります。

アタッチメント義歯(マグネット義歯)

アタッチメント義歯(マグネット義歯)
残っている健康な歯にアタッチメントと呼ばれている磁石の維持装置を取り付け、磁石の入った入れ歯と双方の磁力で固定するものをアタッチメント義歯といいます。通常の入れ歯ではずれてしまう方にアタッチメント義歯(マグネット義歯)は有効な治療法となります。

天然の歯が残っていない場合は、インプラントを顎の骨に埋め込み、そこに取り付けることも可能です。アタッチメント義歯は、磁石で固定するため、見た目がすっきりとし、脱着も楽に行えます。また、天然の歯に取り付けた場合、過剰な力がかかると外れるので、歯根を傷めることもありません。

義歯(入れ歯)の清掃について

義歯(入れ歯)の清掃について
歯にプラークが付着し、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。
入れ歯を掃除しないと歯間に食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなります。

【入れ歯の清掃ポイント】
①食後は流水で汚れを落とし、歯磨き剤は付けずにブラシで磨く。
②就寝前は洗浄剤を使用した水につけておく。

入れ歯を磨く時は、よく観察し磨き残しのないように丁寧にお手入れするように心がけましょう。